薄毛は生活習慣から見直しましょう。

なぜ人は薄毛になってしまうのか、原因はさまざまですが、特に多いのは生活習慣から薄毛になってしまうということではないでしょうか?たとえば、日々のバランスの悪い食事が例に挙げられます。

・肉類を多く摂取している。

・油ものを多く摂取している場合、抜け毛につながると言われています。

また、・睡眠不足・ストレス・過度の疲労のような場合もホルモンバランスが崩れ抜け毛につながると言われています。

それではどのようなことに注意すれば薄毛にならずにすむのでしょうか?上記の原因をすべて解消することを心がけてみましょう。

・良質のたんぱく質を取る<良質なたんぱく質が取れる食べ物>さんま、マグロ、かつお、スルメイカ、紅鮭、うなぎ、豚のひれ肉、鶏ささみ・ビタミンを取る・ミネラルを取る・ストレスをためない・睡眠は1日8時間以上取る・疲労は残さないようにする。

<ストレスをためない方法>湯船につかる、アロマオイルなどリラックスできる香りをかぐ、リラックスした音楽を聴く、暖かい食べ物や飲み物を摂取するなどがあります。

しかし、日々そんなことを常にできる学生、社会人はいません!ではどうするのか?ここが問題なのですが、食事についてはできる限りお弁当をつくったり家できちんと自炊をすることでまかなうことができます。

ストレスについては毎日きちんと湯船に肩までつかること、首の後ろを暖めることによって自律神経を安定させることができます。

シャワーだけではどうしてもとれないつかれもこうすれば取れるようになります。

毎日のちょっとした工夫で薄毛を予防しましょう。