シャンプーとブラシで髪の毛が元気になりました。

昔はボリュームがありすぎて困っていた髪の毛ですが、30歳を過ぎるころから太かった髪の毛が細くなっていき、ボリュームもなくなってきました。

頭のてっぺんはちょっとペタっとした感じで老けてみられがちになりました。

30代の今でこの状態だと50.60代になったときには髪の毛がなくなってしまうのではと不安になり、ヘアケアを見直すことにしました。

まず、変えてみたのはシャンプーです。

ノンシリコンのを使ってみることにしました。

ノンシリコンは、洗っているときは髪の毛がギシギシしていて洗いにくいですが、泡立ちのよいノンシリコンだったので地肌を念入りに洗うようにしました。

洗い流すと今までにない、頭皮のサッパリ感を感じやみつきになります。

シャンプーだけだと髪の毛のからまりがひどいので、同じくノンシリコンのコンディショナーを使います。

コンディショナーを使うと指通りもよくなりまとまるので欠かせません。

シリコンシャンプーだと指通りよかったりまとまりやすいですが、ノンシリコンのほうが、頭皮の汚れがちゃんと落ちるので抜け毛予防に良いようです。

実際、根元がふんわりしてきて髪の毛が元気になったような気がします。

あと、見直したのは毎日のブラッシングです。

今まで使っていたブラシはとても安いものでブラシなんてどれも同じだと思っていたのですが、今使っているブラシはとてもやわらかくて地肌をブラッシングすると気持ち良いのです。

いい頭皮マッサージになり、ブラッシングした後の髪の毛はツルツルになります。

きれいに頭皮を洗い、ブラッシングでマッサージすることで薄毛の予防になっていると思います。